業者によって費用が違う

マーケティングオートメーション業者を選ぶときには予算に応じて候補を絞り込むのが合理的です。マーケティングオートメーションのシステムにはさまざまなものがあり、業者が提供しているサービスの内容にも違いがあります。そのため、どの業者に依頼するかによって費用にも大差が生じるのです。マーケティングオートメーションに使える予算がどのくらいあるかをまずは試算してみましょう。特に重要なのが導入費用と月額費用に分けて考えることで、導入時点でどのくらいの予算を確保できるか、今後ずっと支払いを続けられるのはどのくらいかの金額かをそれぞれ試算するのが大切です。その試算結果に基づいて業者の候補を絞り込んでいきましょう。

予算を固定する必要があるかを考えよう

予算をしっかりと確定して固定しなければならない状況か、多少のブレがあっても構わないかによって候補にできるマーケティングオートメーション業者は異なります。成果報酬型のサービスが標準で組み込まれている業者や、オプションでマーケティングオートメーションの運用をしていて成果報酬が含まれている業者もあるからです。このような場合にはマーケティングオートメーションを使った結果として成果が出ると料金が上がります。予算の上限が決まっているときや、固定額で済ませられないと問題になるときなどには、月額料金が一定の業者を選ぶ必要があります。マーケティングオートメーションでは月額固定のところが多いのでそれでも候補はたくさんあるでしょう。